日本介護支援協会

お問合わせメールアイコン 問合わせ
閉じる
メニュー
閉じる

研修のご案内

GUIDE OF TRAINING

介護におけるICT・IoT情報共有セミナーの開催について
~ 2018 日介協 介護ロボットフォーラム ~

本会では、介護者の負担軽減に貢献する先端機器およびシステムなどの介護ロボットの情報共有セミナーを開催いたします。
介護ロボットの展示、説明を行うとともに、導入する方法・費用などの相談、現場ニーズを踏まえた提案や効果的な活用事例等を通じ、介護ロボットの理解、実用化支援につなげる機会としていただければ幸いでございます。
つきましては、介護ロボットとの出会いの場として、スキルアップの一つとして、積極的なご参加を賜りますようお願いいたします。

※詳細は、〔開催要項〕をご参照ください。

詳細を見る
日時
平成30年8月21日(火)
開催場所
TOC有明コンベンションホール
WEST-1・2・3
(東京都江東区有明3丁目5番7号)
TEL 03-3494-2177
定員
60 ~ 80名
【申込書】20180821介護におけるICT・IoT情報共有セミナー.pdf 【開催要項】20180821介護におけるICT・IoT情報共有セミナー.pdf

平成30年度外国人介護福祉士候補者向け
介護福祉士国家試験受験対策講座

今回で8回目となる、受験対策講座を開催します。
今までの学習の成果を確認する場として、国家試験
に向けての準備の場として、積極的にご参加ください。


※詳細は、添付【開催要項】をご参照ください。

詳細を見る
日時
第1回目:
平成30年7月25日(水)~7月26日(木)
第2回目:
平成30年10月10日(水)~10月11日(木)
第3回目:
平成30年12月19日(水)~12月20日(木)
会 場
ビジョンセンター永田町 803 
東京都千代田区永田町1-11-28 
合人社東京永田町ビル8F 
TEL.03-6262-3553
参加対象
第31回介護福祉士国家試験受験予定の外国人介護福祉士候補者
参加条件
・資格取得後、引き続き日本での就労意志があること。
【開催要項】H30年度受験対策講座 .pdf

平成29年度外国人介護福祉士候補者向け
介護福祉士国家試験受験対策講座

第30回の介護福祉士国家試験まで残すところ半年を切りました。
本会では、公益財団法人JKAより補助をいただき、外国人介護福祉士候補者向けの試験対策教材の開発等を行い、その教材をもとに受験対策講座を開催、合格に向けた支援対策を続けて参りました。
日常業務に加えて、介護福祉士国家試験の勉強をし、合格に繋げるためには、残りの期間の学習方法がカギとなります。効果的な学習方法を学び、1人でも多くの外国人介護福祉士候補者の皆さんが、自信をもって国家試験に挑み、合格を勝ち取っていただくことを目的に、本年も受験対策通年講座を開催します。

今年度からは、ベトナムの候補者も加わり、インドネシア、フィリピン、ベトナムの3ヶ国の皆さんにご参加いただいています。
真剣に勉強に取組み、また、同じ目標を持った仲間との楽しい時間を過ごしています。

詳細を見る
日時
第1回:
平成29年 7月27日(木)~ 7月28日(金)
第2回:
平成29年10月25日(水)~10月26日(木)
第3回:
平成29年12月20日(水)~12月21日(木)
【開催要項】H29年度受験対策講座.pdf

2016 ケアマネ研修会の開催について

ケアマネジメントで『介護サービスの質の向上』にチャレンジ!

『地域包括ケアシステム』とは、「地域の実情に応じて、高齢者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制」(医療介護総合確保推進法)を言います。
これを各地域において具体化し、介護サービスの側面から関与していくためには、多職種間の連携・協働を踏まえたケアマネジメントがなによりも重要になります。
また、次期介護保険制度改革に向けて、「介護サービスの質の評価」の在り方が課題とされており、その基本はケマネジメントにあることも確認されています。
このようななか、「インターライ方式ケアアセスメント」は、在宅・入所施設・高齢者住宅を共通の客観的なアセスメント手法によって結び、多職種連携を容易にし"切れ目のないケア"を可能にする国際的なケアマネジメントの手法として注目されています。さらに、この方式によるアセスメントデータは、欧米の一部の国で『介護サービスの質の評価』にも用いられており、わが国のケアマネジャーにとっても目の離せないものとなっています。
こうした背景を踏まえ、本研修は、この「インターライ方式」を用いたアセスメントからケアプラン作成までの実践的なツールを習得する機会として開催します。同時に、それを各自の現場に導入する可能性を検討いただく場としていきます。
「ミッケルアート」は、懐かしい絵を見ながら高齢者のコミュニケーションを促進する回想プログラムです。高齢者の昔の懐かしい思い出を題材にして絵の中に「見つける」「思い出す」という工夫がされています。認知症の進行抑制、改善に効果があると確認されています。非常に取り組みやすく、ケアプランに反映させやすいのが特徴です。

より良いケアマネジメントのツールを知り、一人ひとりのニーズに合ったケアの実現に活かす機会としてください!

詳細を見る
日時
前期:
平成28年 8月18日(木)~8月19日(金)
後期:
平成28年10月24日(月)
会場
全国老人福祉施設協議会 会議室
(東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル7階)
定員
60 ~ 80名
【開催要項】2016 ケアマネ研修会.pdf

平成27年度 ケアマネジメントセミナーの開催について

地域包括ケアシステムに寄与するアセスメント方式「インターライ方式」を学ぶ!

地域包括ケアシステムとは、「地域の実情に応じて、高齢者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防、住まいおよび自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制」(医療介護総合確保推進法)を言います。これを具体化するうえで、多職種間の連携・協働を踏まえたケアマネジメントがますます重要になっています。
また、次期介護保険制度改革に向けて、「サービスの質の評価」の在り方が課題とされており、その基本はケアマネジメントにあります。
このような中、「インターライ方式ケアアセスメント」は、国際的なケアマネジメントの手法として、施設・在宅・高齢者住宅を共通の客観的なアセスメント手法によって結び、職種間・サービス間の連携を容易にする〝切れ目のないケア〟を可能にするものとして注目されています。
こうした背景を踏まえ、本研修では、「地域包括ケア」と「サービスの質の評価」の実現に寄与するアセスメント方式として注目されているこの「インターライ方式」について、基本的な考え方と、それを活用したケアマネジメントの過程(アセスメントからケアプラン作成まで)を基礎から学習し、より適切なケアプランを作成するための技術を学ぶ機会とします。加えて、介護保険制度の在り方として議論されている「介護サービスの質の評価」について、インターライ方式を活用することでどのように寄与できるかを学ぶ機会とします。

※詳細は、〔開催要項〕をご参照ください。

詳細を見る
日時
平成27年8月31日(月)~9月1日(火)
開催場所
TKP市ヶ谷カンファレンスセンター「ホール7A」(7階)
(東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル ℡03-4578-5850)
参加対象
ケアマネジメント業務に携わる職種の方
参加人数
100名
【開催要項】平成27年度ケアマネジメントセミナー.pdf

平成26年度外国人介護福祉士候補者向け
介護福祉士国家試験受験対策講座

第27回の介護福祉士国家試験まで残すところ半年を切りました。
本会では、公益財団法人JKAより補助をいただき、外国人介護福祉士候補者向けの試験対策教材の開発等を行い、その教材をもとに受験対策講座を開催、合格に向けた支援対策を続けて参りました。
日常業務に加えて、介護福祉士国家試験の勉強をし、合格に繋げるためには、残りの期間の学習方法がカギとなります。効果的な学習方法を学び、1人でも多くの外国人介護福祉士候補者の皆さんが、自信をもって国家試験に挑み、合格を勝ち取っていただくことを目的に、本年も受験対策通年講座を開催します。

是非、積極的にご参加ください。

※詳細は、添付【開催要項】をご参照ください。

詳細を見る
日時
第1回目:
平成26年8月7日(木)~8月8日(金)
第2回目:
平成26年10月15日(水)~10月16日(木)
第3回目:
平成26年12月25日(木)~12月26日(金)
開催場所
全国老施協 地下会議室 (塩崎ビル)
(東京都千代田区平河町2-7-1 TEL.03-5211-7700)
参加対象
第27回介護福祉士国家試験受験予定の外国人介護福祉士候補者
参加要件
・全3回の全講座に参加できること。
・資格取得後、引き続き日本での就労意志があること。
講師
伊東 利洋 氏
(有限会社いとう総研 取締役)
【開催要項】H26年度受験対策講座.pdf

平成25年度 ケアマネジャー研修会の開催について

プロフェッショナルを目指す!!
~自立支援介護の担い手として~

社会保障と税の一体改革により、地域包括ケアシステムを構築、在宅介護・医療の充実を図る方向がより鮮明となっています。介護保険制度についても、要支援者に対する介護予防給付を無くし新たな地域支援事業とする、特養ホームの入所者対象を要介護度3以上を原則とする、所得に応じた介護保険料負担割増の導入や低所得者に対する補足給付に資産要件を加えるなど抜本的な改革が進められています。
要介護者のますますの高齢化、重度化やさらに認知症の増加、地域社会の高齢化とともに住民の介護に対する意識の変化や地域の介護力が著しく低下していく中、介護現場を取り巻く環境変化と共に介護支援専門員は、多くの課題を抱えながらも努力を重ねてきました。
平成18年4月より介護支援専門員証に更新制が導入され、制度の複雑さが増すと共に更新研修でも、介護支援専門員の質の向上が強く求められています。
日本介護支援協会は、介護支援専門員が、資格を持つことに安住せず、プロフェッショナルを目指すことの重要性にかんがみ、自立支援に繋がるケアマネジメントの実現に向けて、改正法令通知を読み解き確認しながら実践的マネジメントを習得する場として本研修会を開催するものです。

※詳細は、〔開催要綱〕をご参照ください。

詳細を見る
日時
平成26年1月20日(月)~1月21日(火)
開催場所
芝パークホテル 別館2階 「ローズ」
(〒105-8560 東京都港区芝公園1-5-10 TEL.03-3433-4141)
参加対象
介護支援業務に携わる職員 等
参加人数
200名
ケアマネジャー研修会開催要綱.pdf

平成25年度 外国人介護福祉士候補者向け
介護福祉士国家試験受験対策講座

第26回の介護福祉士国家試験まで残すところ1年を切りました。
本会では、公益財団法人JKAより補助をいただき、外国人介護福祉士候補者向けの試験対策教材の開発等を行い、その教材をもとに受験対策講座を開催、合格に向けた支援対策を続けて参りました。
日常業務に加えて、介護福祉士国家試験の勉強をし、合格に繋げるためには、残りの期間の学習方法がカギとなります。効果的な学習方法を学び、1人でも多くの外国人介護福祉士候補者の皆さんが、自信をもって国家試験に挑み、合格を勝ち取っていただくことを目的に、本年も受験対策通年講座を開催します。

是非、積極的にご参加ください。

※詳細は、添付【開催要綱】をご参照ください。

詳細を見る
日時
第1回目:
平成25年7月4日(木)~7月5日(金)
第2回目:
平成25年10月15日(火)~10月17日(木)
第3回目:
平成25年12月26日(木)~12月27日(金)
開催場所
全国老施協 地下会議室 (塩崎ビル)
(東京都千代田区平河町2-7-1 TEL.03-5211-7700)
参加対象
第26回介護福祉士国家試験受験予定の外国人介護福祉士候補者
参加要件
・全3回の全講座に参加できること。
・資格取得後、引き続き日本での就労意志があること。
講師
伊東 利洋 氏
(有限会社いとう総研 取締役)
【開催要綱】H25年度受験対策講座.pdf

平成24年度ケアマネジャー研修会の開催について

地域の介護不安を解消する「生活モデルとしての"地域包括ケア"」構築に向けて...2025年型ケアプランをつくろう!

私たちが安心して暮らせるよう、地域の状況や住民ニーズに応じて介護・福祉、医療、保健サービスを一体的に提供する「地域包括ケア」システムの構築は、2025年以降訪れる要介護リスクのピークに向けて急がれる、国民的な課題です。
しかしながら、認知症を持つ方は305万人にまで膨れ上がり、地域・家族の介護力は減退の一途を辿っています。施策において在宅サ ービスの充実が図られていますが、地域の介護課題が爆発する中で、介護地獄と呼ばれる様々な社会問題が日々、取り沙汰されています。
これらの解消に向けて、超高齢国家日本を支える「生活モデル」を確立するためのケアマネジメントが求められています。ケアマネジャーが地域の社会資源と地域住民をつなぐ懸け橋として、モニタリングとアセスメントを繰り返す中でニーズを汲み取り、地域包括ケアをつくる全人的ケアのストーリーたるケアプランを構築していかなければなりません。
日本介護支援協会「ケアマネジャー研修会」は、これら課題の整理と具体的なケアプランづくりのポイントを学ぶ中で、2025年の介護社会を牽引するケアプラン力を養うきっかけづくりの場として開催致します。

詳細を見る
日時
平成25年2月12日(火)~2月13日(水)
開催場所
東京プリンスホテル 2階 「マグノリアホール」
(〒105-8560 東京都港区芝公演3-3-1 TEL.03-3432-1111)
参加対象
介護支援業務に携わる職員 等
参加人数
200名
【開催要綱】平成24年度ケアマネジャー研修会.pdf

平成24年度 外国人介護福祉士候補者向け
介護福祉士国家試験 受験対策講座の開催について

第25回の介護福祉士国家試験まで残すところ半年余りとなりました。
本会では、財団法人JKA補助事業として、外国人介護福祉士の合格に向けた試験対策のテキスト作成に取り組み、平成23年度はその教材をもとに通年で受験対策講座を開催し合格に向けた支援を続けて参りました。
日常業務に加えて、介護福祉士国家試験の勉強をし、合格に繋げるためには、残り期間の学習方法がカギとなります。効果的な学習方法を学び、1人でも多くの外国人介護福祉士候補者の皆さんが自信を持って国家試験に挑み、合格を加地どっていただくことを目的に、本年も受験対策通年講座を開催致します。

日時、会場等は添付【開催要綱】ご参照ください。

詳細を見る
参加対象
第25回介護福祉士国家試験受験予定の外国人介護福祉士候補者
参加要件
・全3回の全講座に参加できること。
・資格取得後、引き続き日本での就労意志がある者
講師
伊東 利洋 氏
(有限会社いとう総研 取締役)
〔開催要綱〕H24年度外国人介護福祉士候補者向け受験対策講座.pdf
pagetop PAGE TOP